エリアからさがすメニューからさがす店舗名一覧「TONTONのまち前橋」ってなに?オリジナル豚肉料理テーマソング
トップページ > オリジナル豚肉料理 > まえばしtonton汁 > モデルレシピ

オリジナル豚肉料理 まえばしtonton汁 オリジナルレシピ


材料(10人分)

豚バラ肉・・・・・150g
玉ねぎ・・・・・・150g(1個)
ジャガイモ・・・・150g(2個)
里芋・・・・・・・150g(2個)
大根・・・・・・・150g
人参・・・・・・・100g(小1本)
こんにゃく・・・・100g
ごぼう・・・・・・100g(小1本)
いんげん・・・・・30g
しいたけ・・・・・8粒(1パック)
えのき・・・・・・1/2袋
本しめじ・・・・・1/2袋
えりんぎ・・・・・50g(小1本)
厚揚げ・・・・・・1/2丁
ねぎ・・・・・・・50g(1/2本)
しょうが・・・・・50g(1粒)
ねじっこ・・・・・100g(10粒)
豚のつみれ・・・・100g(10粒)
(分量の詳細は右を参照)

出汁・・・・・・・2リットル
合わせ味噌・・・・130g
(白地味噌120g、赤地味噌10g)
料理酒・・・・・・35cc
旨味調味料・・・・少々
バター・・・・・・15g
七味・・・・・・・適量
みょうが・・・・・小3粒
        (トッピング)
○ねじっこ
 地粉・・・・60g
 水・・・・・40cc
 塩・・・・・2g
 白ごま・・・5g

○豚のつみれ
  ひき肉・・・60g
  人参・・・・1/5本
  ねぎ・・・・1/5本
  玉ねぎ・・・1/6個
  しょうが・・4g
  鶏卵・・・・1/2個
  塩・胡椒・・少々
  片栗粉・・・少々
 

作り方

  1. 豚バラ肉はブロックを作取りし薄切りにする。後に熱湯でサッと茹でこぼし冷水にとる。
  2. 玉ねぎは外皮を剥いて縦半分に割り一口角に切る。ジャガ芋は皮を剥いて、やや大きめにカットする。大根・人参は皮を剥いて短冊に切り、こんにゃくは厚みを揃えて鹿の子に包丁目を入れ短冊に切る。ごぼうは皮を剥いて小さめの乱切りにして水にさらす。里芋は六角に剥いて縦4つ割りにする。いんげん、ねぎは1cm位に切り、しょうがは皮を剥いて薄切りにしておく。キノコ類は各々を適宜カットする。厚揚げは短冊に切り油抜きする。
  3. ジャガイモ、里芋、大根、人参、こんにゃく、ごぼうを固茹でする。
  4. 分量の出汁に固茹で具材と豚バラ肉を入れる。ひと煮立ちしたら、キノコ類をフライパンでバター炒めし、上がりに料理酒を振って具材鍋に移す。さらに玉ねぎ、しょうが、ねじっこ、つみれを加えて煮る。
  5. 具材がやわらかくなったところで合せ味噌を半量溶き入れ、料理酒、旨味調味料で味を整え約15分ほど煮て、残りの合せ味噌を溶き入れて仕上げる。

    《ねじっこ》
    地粉を容器に入れ、水、塩、白ごまを加えて、うどん粉をこねる要領でこねあげる。バット等に粉を振って、10gほどにちぎりながら丸にして置きます。沸騰した湯に入れて湯がき、冷水に移してからザルに乗せて水気を切る。

    《豚つみれ》
    人参、ねぎ、玉ねぎ、しょうがをみじん切りにしてボール容器へ移し、ひき肉、鶏卵、塩・胡椒を加えて良く練る。沸騰した湯に入れて湯がき、つみれが浮いてきたらすくって冷水に取る。ザル等に乗せて水気を切っておく。

ポイント

  • 豚肉との相性が良いキノコ類をバターソテーすることによって、さらに美味しさが引き出される。
  • 豊富な具材は形良くカットし、10種類以上の食材が摂取され健康にも良い。
  • 合わせ地味噌を使用し、ひと味違ったtonton汁を楽しむことができる。また、季節により合わせ味噌の配合を変えると美味しさも格段によくなる。
  • トッピングにバリエーションをつけるとさらに美味しくいただける。

栄養

  • エネルギーは約220キロカロリーと、具だくさんの割合に低くなっています。良質の脂肪摂取がとれ消化吸収も良く、1日に必要な食物繊維の3分の1を摂取することができます。


家庭でも簡単に調理できるよう、
材料や調理の仕方を簡単にした「tonton汁簡単レシピ」ができました。
tonton汁簡単レシピ
(PDFファイル:130KB)


「まえばしtonton汁」とは?
  「まえばしtonton汁」は、平成17年11月に市内観光関係者で組織された「ようこそまえばしを進める会」(会長:曽我孝之)が、前橋の名物料理づくり活動の一環として考案した、前橋のオリジナル豚汁。レシピの作成には、市内の料理人ら11人(前橋の食を作る料理界の11人)が携わりました。

まえばしtonton汁の提供基準
 「まえばしtonton汁」をオリジナル性のある前橋らしい豚汁として広めていくため、各店舗やイベント等で提供する場合に、次の提供基準が決められています。表面のモデルレシピを参考にしながら、各店舗のオリジナル性を出してみませんか。
  1. 肉は群馬県産豚肉を使用。
  2. 野菜は以下のものを使用。
     ○芋類(ジャガ芋or里芋) ○キノコ類  ○人参  ○玉葱  ○大根  ○ごぼう
     ○青味(インゲン、サヤエンドウ、おくら、ほうれん草etc)
  3. 薬味はミョウガorネギ(万能ネギ含む)を使用。
  4. こんにゃくを入れる。
  5. 厚揚げor油揚げを入れる。
  6. 豚のつみれorねじっこを入れる。
  7. キノコ類はバターソテーしてから入れる(バターは無塩バターを使用)
  8. 味付けは味噌で行う。味噌は群馬県産のあわせ味噌を使用する。

[BACK]

ページのトップへ